会計事務所で働きながら税理士試験の勉強をする場合に気をつけなければいけないのが、確定申告などの繁忙期にどのように勉強時間を確保するかという問題があり、この時期に勉強が遅れると途中でリタイアしてしまうこともあります。

確定申告が特に忙しい会計事務所で働いてしまうと、予備校に通うことができないのはもちろんのこと、平日だけではなく休日も満足に勉強時間を確保する事ができませんので、勉強に専念している受験生との差がこの時期に一気に開いてしまいます。

ですので私の場合、予め確定申告の時期は勉強を進めるのが難しいことが分かっていたので、それまでになるべく勉強を進めておくようにして、繁忙期は復習だけをするようにしておきました。

特に、理論暗記は忙しいとまったく進められなくなるので、理論暗記については講義で習っていない範囲については、予め暗記作業を進めておいて後で理解を深めるようにしておきました。

税理士試験に専念をする事が出来る人なら気にしなくて良いのですが、働きながら勉強している人はスケジュール管理が必須になりますので、不測の事態が生じても遅れないようにするために、日ごろから余裕をもって勉強を進めておくことをオススメします。